弁護士への無料相談

取引相手との関係を悪くしない為にも、第三者による介入、つまり弁護士に相談することには大きなメリットがあります。専門家である弁護士は、あらゆる手段の可能性を考えてもらえますので、無理に自分で解決しようとするよりも、意外と簡潔に回収できる可能性も出てきます。

債権回収の難しいところは、古くからの付き合いで親しくなり過ぎた為に、なあなあの関係になり、あそこの会社なら多少遅れたり、しばらく払わなくても何もしないだろうと相手に舐められてしまい、強く出たくても出られない状況になってしまうことです。弁護士が代わりに債権回収の督促や請求を行うことによって、受け身ではなく、積極的な回収を行う姿勢を見せることができます。

弁護士に依頼すると多額の費用がかかってしまい、債権回収する意味がないのではないかという懸念もあるかと思いますが、まずは無料相談をすることによって、ベストな意見をもらってから考えることもできます。もし裁判を起こすことになった場合、かなりの労力を要しますし、主張の仕方を間違えると不利な状況に追い込まれてしまいかねません。より有利な状況にする為にも、債権回収を弁護士に相談することをお勧めします。

債権回収の注意点

債権回収の方法として、請求する、直接取りに行く、話し合いを設ける、債務者以外から回収をする、相殺する、債権を譲渡する、最終的には法的手段によって督促や訴訟を起こすといった手段があります。債権回収の相手が、付き合いの長い取引相手や元請業者であることも多く、その手段次第では、その後の関係が悪化してしまう可能性があり、ぎくしゃくしたり、発注を減らされる等の影響が出てしまうことがありますので、十分に注意しましょう。

まずは請求ですが、こちらは電話やメール、郵便で請求書の送付という一般的な方法と、一歩踏み込んで、内容証明郵便を送付するという方法があります。内容証明郵便とは、いつ、誰から誰宛に、どんな内容で送ったかということを日本郵便が証明する制度です。これ自体には大きな効力はありませんが、弁護士の名前や弁護士から送付した場合、相手にこちら側の本気度を示すのに効果を発揮しますので、大変有効です。また、話し合いを設ける場合は、分割にしたり、一部回収をしたり、念書の作成や担保を取る等の譲歩や必ず支払いをするという確約や、できなかった場合の対策を考えます。また、保証人からの回収を試みたり、買掛金(相手先に支払う代金)との相殺、債権の譲渡等、いろいろな角度からの債権回収策を実行します。

債権回収漏れを防ぐ

商売をしている方であれば、売掛金・債権の回収についての知識はお持ちかと思いますが、債権回収の漏れによるリスクについてもしっかり理解されてますでしょうか。信用できる取引相手ばかりだと自信のある経営者の方も、いつ何時回収漏れが発生するかわかりません。売掛金とは、支払いを渋ったり、長く滞ったりすると、取引先が倒産になってしまった場合、一円も回収できずに会社経営にも影響を及ぼす可能性がありますので、債権の未回収におけるリスクや対策を知っておく必要があります。

「売掛金」とは、商品やサービスを販売・提供して、代金をその場で支払わず、後日代金を請求して支払ってもらうという掛取引の取引形態において、取引相手に支払ってもらう代金のことを言い、その代金を受け取る権利のことを「債権」と言います。債権回収とは、商品やサービスに対する請求代金をちゃんと支払ってもらい、取引が完了することを意味しています。それが何らかの理由で滞ったりして回収漏れが生じてしまうと、自分の会社まで経営破綻してしまうという最悪の事態に陥る可能性もありますので、しっかりと債権の管理をする必要があります。お金を取り立てるという言い方は悪いですが、料金の支払いは債務者の義務ですので、債権回収の権利をしっかりと行使し、漏れのないように確実に回収するように、管理することが会社経営には重要なポイントとなります。債権回収の漏れ対策について紹介します。