債権回収漏れを防ぐ

商売をしている方であれば、売掛金・債権の回収についての知識はお持ちかと思いますが、債権回収の漏れによるリスクについてもしっかり理解されてますでしょうか。信用できる取引相手ばかりだと自信のある経営者の方も、いつ何時回収漏れが発生するかわかりません。売掛金とは、支払いを渋ったり、長く滞ったりすると、取引先が倒産になってしまった場合、一円も回収できずに会社経営にも影響を及ぼす可能性がありますので、債権の未回収におけるリスクや対策を知っておく必要があります。

「売掛金」とは、商品やサービスを販売・提供して、代金をその場で支払わず、後日代金を請求して支払ってもらうという掛取引の取引形態において、取引相手に支払ってもらう代金のことを言い、その代金を受け取る権利のことを「債権」と言います。債権回収とは、商品やサービスに対する請求代金をちゃんと支払ってもらい、取引が完了することを意味しています。それが何らかの理由で滞ったりして回収漏れが生じてしまうと、自分の会社まで経営破綻してしまうという最悪の事態に陥る可能性もありますので、しっかりと債権の管理をする必要があります。お金を取り立てるという言い方は悪いですが、料金の支払いは債務者の義務ですので、債権回収の権利をしっかりと行使し、漏れのないように確実に回収するように、管理することが会社経営には重要なポイントとなります。債権回収の漏れ対策について紹介します。